« 山うど | トップページ | 雪をあきらめて扇ノ山 »

2007/04/22

丹後から名古屋日帰り

 京都や大阪が近いので名古屋にはほとんど行ったことがなかった。電車や高速道路で名古屋を素通りしたことは数あれど、名古屋を目的に行ったのは10年近く前に一度。また、17年前の大学時代、静岡から丹後へ自転車で帰省するときに立ち寄ったこともあった。
 で、今回買い物とその他の目的で名古屋へ。
 夜明けの天橋立を見ながら丹後を出発し、若狭から湖北へ抜け、琵琶湖を見ながら家から持ってきた筍ご飯を食べる。
P1040369P1040373
 
 
 
 
 桜はほぼ終わり、猿は相変わらず多い。木之本の町並みを改めて眺める。
Cimg0002_1P1040380
 
 
 
 
 交通量が増えて信号がうっとおしいが、すぐに伊吹山麓の広域農道に逃げ込みスイスイ。
P1040386Cimg0005
 
 
 
 
 関ヶ原を越え養老へ。ここにクルマを停めて近鉄電車へ。秘密の駐車場所(別にいけないところに停めた訳じゃない)から駅までは自転車に乗り換え。
 養老駅はローカルムード。桜の残り花を見ながら、列車の待ち時間は外のベンチで過ごす。
 近鉄電車、桑名で一度乗り換え1時間ちょいで名古屋。
 駅から歩いて、まずは愛知県図書館へ。その前にラーメンタイム。「ごきげんラーメン」でラーメンと半チャーハンで630円と安い。澄んだ醤油スープは関西ではあまり見かけない。
 愛知県図書館は緑に囲まれた立派な施設。1階がエントランスと総合案内と受付、2階が雑誌、3,4階が図書。1階のロビーのソファーではうたた寝する人も多数。
Cimg0010Cimg0012
 
 
 
 
 図書館は、市役所や県庁といった主要施設が並ぶ界隈にあり、それはまた名古屋城の本丸付近にかたまりお堀で囲まれている。「尾張名古屋は城でもつ」とはよく言ったものだ。
 都心部から、地下鉄に乗って植田へ。うって変わって庶民的な雰囲気だ。
Cimg0019Cimg0021
 
 
 
 
 MOOSE(http://www.moose.co.jp/)という店で、テレマークスキーの板とアイゼンを購入。スキー板はシーズン最後のバーゲン。店に着いたらちょうど板を倉庫にしまうところだった。丁寧にアドバイスもいただいた。
 板をもったまま地下鉄と近鉄の電車に乗ってクルマに戻る。駅からクルマまでは山でするようにザックに板を付けて自転車に乗る。ビンディングがないのでそのままだとザックのサイドのベルトから抜け落ちてしまうが、店でもちやすいようにとひもで縛ってくれていたので助かった。
 さあ、来た道を帰ろう。
 交通費は、ガソリン代4000円弱(400km)、近鉄電車830円×2、名古屋市内の地下鉄550円。しめて6,000円くらいだった。
 名古屋日帰りも「あり」だね。
 テレマークスキーのビンディング装着は、今まで使い古しの板にいい加減にやったことしかないので、今回はちょっとよく調べてみようということでまだつけていない。連休に滑りに行くためには、ウィークデイにつけないと。
P1040428

|

« 山うど | トップページ | 雪をあきらめて扇ノ山 »

コメント

ビンディング装着
 25日、土曜日(21日)に名古屋で買ってきたテレマーク板(K2「8611CLASSIC」167cm,119/72/103mm)にビンディングを装着した。
 いろいろなWebサイトを参考にしたあげく、コードセンター(板の全長のちょうど真ん中)よりも15mmほど前よりに3ピン位置が来るようにセッティング。ちなみに、板に記載されているブーツセンターの150mm前よりに3ピン位置となる。
 アルペンとはまた違うんだなぁ。
 というわけで、連休に滑り初めの予定。
(本文に写真追加)

投稿: はいかい | 2007/04/27 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後から名古屋日帰り:

« 山うど | トップページ | 雪をあきらめて扇ノ山 »