« 2006年自転車の総括 | トップページ | 今年初の寒波は… »

2007/01/07

雪不足の若桜氷ノ山スキー場

 毎年恒例の正月のスキー。例年1月2日に但馬のおじろスキー場決行しているのだが、今年は私のクラス会のため3日に。
 ところが、出発前にチェックしたら、3日からおじろはリフト停止。なんと兵庫県下のスキー場は、人工雪ゲレンデを除いてほぼ閉鎖。
 年末の降雪量はいまいちで、しかも風が強くてあまり積もらなかった。何とか正月は営業したものの、とうとう三ヶ日もたなかったというわけらしい。
 さて、人工雪ゲレンデでは物足りないし、唯一営業している兵庫県下の天然雪ゲレンデの若杉高原おおやスキー場も、初心者用のゲレンデだけだしやっぱり今ひとつ。
 というわけで何とかすべてのリフトを動かしている若桜氷ノ山スキー場に目的地を決定。しかし、ブッシュや石が顔を出したゲレンデはまるで地雷原。イヌワシゲレンデは、雪の下から白菜や大根までこんにちは。
 同行者が地雷に吹っ飛ばされてやばい転け方を始めたのでそうそうに撤退。
Cimg0024
Cimg0026
Cimg0031

|

« 2006年自転車の総括 | トップページ | 今年初の寒波は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪不足の若桜氷ノ山スキー場:

« 2006年自転車の総括 | トップページ | 今年初の寒波は… »