« 丹後の山々も冠雪 | トップページ | 最後(?)の小春日和 »

2006/12/07

今年初めての小春日和

 小春とは旧暦十月のこと。冬に向かう季節で徐々に冬型の気圧配置となる日が現れてくる。だが、厳冬期ほど強い寒気はこないので、1日程度で冬型は緩んで移動性高気圧に覆われた暖かい陽気となる。それが小春日和であり、そういう日が周期的にやってくる時期だから小春というのだ。
 ところが、今年の小春は雨天と曇天ばかり。半ばに来て、ようやくの小春日和だ。
 ところで、旧暦十月は今の暦の11月、と思い込んでいたが、今年の場合11月21日が旧暦十月一日だという。実は、旧暦では1年を354日としているため、19年に3回1年を13ヶ月として調整しているのだ。その調整月を閏月という。最近では2004年にその閏月があったので、今年はまだ大きくずれているとのことだ。
 今日は、ちょうど休む予定になっていた日なので、大江山山麓の気になっていたシングルトラックをMTBで下ってきた。
 12月5日、今年初めての小春日和。夜になって雨が降ってきた。翌6日も小春日和との予報だったが、昨夜からの雨が朝まで残った。
P1030163
P1030169
P1030190

|

« 丹後の山々も冠雪 | トップページ | 最後(?)の小春日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年初めての小春日和:

« 丹後の山々も冠雪 | トップページ | 最後(?)の小春日和 »