« 牛道は紅葉のトンネル | トップページ | 紅葉と浦西と大江山連峰北部の細道調査 »

2006/11/09

近年の中国山地の冠雪状況

 「絶景 紅葉と雪のコントラスト 大山で初冠雪 」
 立冬の七日、山陰地方は冬型の気圧配置が強まった影響で冷え込み、中国地方最高峰の国立公園・大山(一、七〇九メートル)で初冠雪を観測した。鳥取地方気象台米子測候所によると、昨年より十日早く、平年より七日遅い。
 以上 日本海新聞、ローカルニュース11月8日の紙面(http://www.nnn.co.jp/news/061108/20061108006.html)から引用

 ちなみに、昨年(2005年)は11月17日に、大山、氷ノ山、扇ノ山、さらに921mの鷲峰山まで、初冠雪まとめてドン(情報源は鳥取地方気象台 http://www.osaka-jma.go.jp/tottori/upload/hatukansetu.pdf)だった。ちなみに、大山では平年より遅く、扇ノ山、鷲峰山は平年より早かった。
 さらに、一昨年(2004年)は、暖かい秋にも関わらず、大山では平年より早い冠雪。10月下旬に日本近海を通過し、一時的な西高東低の気圧配置に。台風のエネルギーが北から寒気を引き寄せたため大山に雪をもたらした。しかし、扇ノ山、鷲峰山では平年より1ヶ月以上も遅く、クリスマスの頃に冠雪となっている。

|

« 牛道は紅葉のトンネル | トップページ | 紅葉と浦西と大江山連峰北部の細道調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近年の中国山地の冠雪状況:

» クリスマスプレゼント 子供 2006 [クリスマスプレゼント 子供 2006]
人気のクリスマスプレゼントを紹介!もらって嬉しいプレゼント。 [続きを読む]

受信: 2006/11/10 04:58

« 牛道は紅葉のトンネル | トップページ | 紅葉と浦西と大江山連峰北部の細道調査 »