« 曼珠沙華の山里と粟賀山 | トップページ | うらにしの季節到来 »

2006/10/02

登山道が大荒れの小金山

 日曜は雨予報のため、土曜日に。しかし、諸々の所用で遅い午後の出発。ならば、近場の山へ。という訳で4年半ぶりの小金山。アプローチに30分、(空荷なら)登山道30分で山頂に立てる。
 しかし、2年前の台風ラッシュの爪痕か、登山道は、崩落しているし、溝が掘れているし、草ぼうぼうだし、木は倒れ込んでいるしで荒れ放題(登山口の来見谷[クルミダニ]では未だ河川工事中)。登りはともかく、下りは時間短縮ができるはずのMTBは足かせにしかならなかった。
 山頂で夕日を拝み、何とか明るいうちに登山口へ。
P1010882
P1010894

|

« 曼珠沙華の山里と粟賀山 | トップページ | うらにしの季節到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登山道が大荒れの小金山:

« 曼珠沙華の山里と粟賀山 | トップページ | うらにしの季節到来 »