« 激しく夏から秋へ | トップページ | 曼珠沙華の山里と粟賀山 »

2006/09/21

三連休と台風13号

 まず、台風の被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。
 南西諸島や九州本土、中国四国地方に被害をもたらした台風13号だが、竜巻やらダウンバーストやら風の被害が目立つ台風だった。
 雨は南斜面、つまり太平洋側や山陽地方に多かったようで、近畿地方の北部日本海側、特に私の住む京丹後市では、台風の前衛となった秋雨前線によって三連休の初日と二日目に雨が少し降った程度であった。
060917ma 気付いたことは、台風が近づいてくるときの温度の変化である。左の画像は17日の舞鶴アメダスによる温度変化を折れ線グラフに表現したもので、最高気温は翌日に日付が変わる寸前に出ている。このとき台風は九州北部に上陸して日本海に抜けようとしているところである。台風の渦巻きにしたがって風向きが南よりになり、台風が運んできた風が、さらにフェーン現象を起こしての気温上昇と推測できる。秋雨前線も北海道まで北上。
060918ma 左の画像は翌18日の気温グラフで、明け方も27度を切ることなく夜明けを迎えていることがわかる。
 熱帯夜の定義を調べると、日の入りから日の出まで25度以上、とのことなので、20時頃に23度まで下がっている17~18日の夜間は熱帯夜とは言えないが、一般的な就寝時間帯には27度以上という状態。それでも、17日の日中の気温があまり高くなく、日照もなかったので、建物が熱を持つことはなく寝苦しさは感じなかった。
 18日には台風が北の日本海沖を通過したおかげで、風は強かったものの晴れて気温が上昇、台風12号が日本の東海上を北上した9日以来の真夏日となった。
 その後、台風通過と共に風が西よりから北よりにかわり、ぐっと冷え込んでくる。
 19日は昼頃まで時雨模様(寒冷前線通過で秋の空気へ戻る)となり、最高気温は舞鶴で21.1度、豊岡で20.9度にとどまった。
 20日朝は、舞鶴で14.6度、豊岡で13.5度まで冷え込み、台風のなれの果ての温帯低気圧が来ている北海道各地よりも低い気温となった。
Nec_3122 左の写真は、京丹後市を舞台とする「歴史街道100kmウルトラマラソン」開催前日16日の模様。3連休は各所でイベントが計画されていたが、丹後周辺では予報とは違い大荒れにならず午後局所的に弱い雨が降った程度(成績上位者は濡れず、タイムが遅くなると雨に打たれる時間が長くなる)。関係者は胸をなで下ろしたことと思われる。

|

« 激しく夏から秋へ | トップページ | 曼珠沙華の山里と粟賀山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三連休と台風13号:

« 激しく夏から秋へ | トップページ | 曼珠沙華の山里と粟賀山 »