« 梅雨前線と大雨洪水警報を引き連れて神戸へ | トップページ | 三十三間山 »

2006/07/29

さのう高原

 但馬南部朝来市朝来町。R312からR429を西に行ってすぐの砂嚢の集落が入り口。麓の学校跡地にクルマを止めて登る。
 標高350mくらい登ると野外活動の施設がある高原。小学生たちで賑やか。
 舗装路ばかりだと思ってスリックタイヤで来たが、さらに上の標高700m位のパラグライダーの発進地までダート道が続いているようだ。また、ブロックタイヤで来よう。
 下りは東側の県道70号線へ。
 帰り道、ひどい夕立に遭うのはこの時期よくあること。
P1000506
P1000501
P1000520

|

« 梅雨前線と大雨洪水警報を引き連れて神戸へ | トップページ | 三十三間山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さのう高原:

« 梅雨前線と大雨洪水警報を引き連れて神戸へ | トップページ | 三十三間山 »