« 鹿の群 | トップページ | 今日は撤退 »

2006/02/03

カンダヒー、カンダホー

 とある掲示板でスキーの「カンダハー」ビンディングのことが話題になった。そして、20年以上車庫の屋根裏で眠っていた、古いスキーを下ろした。子ども用ではあるが、このビンディングは「カンダハー」ではないか。
 赤い方は妹のもので、青い方が私のもの。青い方が使い込まれて傷んでいるのは言うまでもない。つま先側のレバーを固定する金具が、足の成長にあわせて付け替えられている。
 小学生の頃は、丹後の平野部でもひと冬中根雪に覆われていた。子どものいる家の庭には、屋根から下ろした雪を利用しての小さなスロープが必ずと言っていいほどあった。もちろん我が家にも。そのスロープを「スノーボート」という合成樹脂製のソリで滑った。そして、ソリの次に親に買い与えられたのが、その上述のスキーである。
 木製の板に、弦巻バネのワイヤー式ビンディング。ゴム長靴を固定するのだ。
 家の前のスロープに飽きると、田んぼに積もった雪の上をスキーで歩いて竹野川の堤防の土手まで歩いた。ヒールフリーだから歩きはおてのものだ。
 柔らかいゴム長靴をワイヤーで締め付けるので、足の血行が妨げられ冷たくしびれてくるのを、ワイヤーをゆるめて休憩しながら、何度も堤防で階段登行と直滑降を繰り返していた。
 いやあ、ナツカヒー。
P1150703
P1150702

|

« 鹿の群 | トップページ | 今日は撤退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンダヒー、カンダホー:

« 鹿の群 | トップページ | 今日は撤退 »