« 若桜氷ノ山スキー場 | トップページ | 雪かき »

2005/12/18

丹後半島のお手軽バックカントリー

 全国的に荒れ模様なので、自宅から30分のミニ・バックカントリー「碇高原」へ。
 ダブルキャンバーのウロコ板にテレマークのプラブーツ。現地に着けば、こりゃ雪が多い。この時期にこんなに。北側斜面では海から吹き上げる季節風が地吹雪を起こし前が全く見えない。
 何とかクルマを止めて歩き始めるが、まず道路から切り立った雪の壁を登るのに一苦労。雪はさらさらでウロコが効きにくい。でも、雪の合間がやってきて、のんびり歩ける。
 展望台に着いて写真撮影をしていざ滑ろうとしたら強風が吹き荒れ地吹雪再開。吹きっさらしの山頂では立っているのがやっと。バランスがとれず滑り出せない。
 風が弱まった瞬間に、雪庇を降りてスタート。ふかふかで気持ちいい。ダブルキャンバーでもターンができる。
 しかし、強風で顔が痛い。その後も牧草地を下る。顔は痛いが、滑りは快適。
 クルマに戻って帰り支度。いつしか雪が降り出し吹雪の碇高原を後に下山。
P1130684

|

« 若桜氷ノ山スキー場 | トップページ | 雪かき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後半島のお手軽バックカントリー:

« 若桜氷ノ山スキー場 | トップページ | 雪かき »