« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

大雪の新戸倉スキー場

 御用納めの午後は大した仕事もないので、そのまま消滅。
 距離は遠いけど、アプローチ道路は信号・交通量が少ない戸倉方面のスキー場へ。なんてったって、このエリアはリフト券が安い。新戸倉は半日券が1,500円。
 2週間前に若桜氷ノ山を訪れたときにはほとんど雪がなかった養父も、さすがにたくさん積もったねえ。但馬から播磨へ抜ける若杉峠は険しい雪道。圧雪道路に、法面からの小規模な雪崩が道路を狭めている。
 新戸倉スキー場のある集落、宍粟市波賀町道谷の家は分厚い雪の層を載せている。こりゃ大変だ。
 スキー場は、さすがにリフト待ちなしの状態。
 圧雪は全くされていない。リフト券が安いんだから仕方ない。というより、圧雪してないスキー場を選んできたんだけど。
 しかし、雪が深すぎてスキーが進まない。どおりでみんなメインの第3リフト沿いに密集しているわけだ。みんなのシュプールを集めて圧雪状態となった狭いコースを、押しくら饅頭のように滑っている。
 無圧雪ゾーンに飛び出したボーダーは、見事にスタックして腰まで雪に埋もれてもがいている。
 第4,第5リフトは予想通り動いていないが、なんと雪に埋もれたリフト乗り場、降り場に除雪機を持ち込んで除雪作業中。
 私は、第3リフトの圧雪ゾーン、未圧雪ゾーンを滑ったあと、シールを貼って第5リフトの頂上を目指す。膝上のラッセルで標高差70m程を1時間近くかけて登る。さあ、誰も滑ってない斜面を独り占め!と滑り出したが、数ターンで斜度がゆるんで進まなくなる。あとは、歩くように滑って下る。
 ここまではテレマークスキー。そして、いったんクルマに戻り、幅のあるカービングのアルペン板に履き替え。自分だけのシュプールが輝く斜面を見ながら、滑る。
 リフト14本、距離にして15km弱を滑って帰った。
P1150001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪かき

 1週間ほど積雪が小康状態なので、今まで手が回らなかったところも雪かき。雪の深さはスコップの半分以上。50cmはあるか。これでも解けた方なんだけど(12/29)。
 あと雪かきと同じくらい大変なのが、庭木の雪払い。これをしないと枝が折れてしまう。雪の深い庭をラッセルしてストック(クロスカントリースキーのものが長くて便利)で払い落とす。ちなみに、この日(12/25)の午前は大江山で立木の雪を落としながらラッセルスキー登山(http://homepage1.nifty.com/haikai/0512ooe/0512ooe.htm)。家でも山でも同じようなことをしている。
 また、年が明けたら期待しているよ。どんどん積もってね。
NEC_0061
NEC_0059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

丹後半島のお手軽バックカントリー

 全国的に荒れ模様なので、自宅から30分のミニ・バックカントリー「碇高原」へ。
 ダブルキャンバーのウロコ板にテレマークのプラブーツ。現地に着けば、こりゃ雪が多い。この時期にこんなに。北側斜面では海から吹き上げる季節風が地吹雪を起こし前が全く見えない。
 何とかクルマを止めて歩き始めるが、まず道路から切り立った雪の壁を登るのに一苦労。雪はさらさらでウロコが効きにくい。でも、雪の合間がやってきて、のんびり歩ける。
 展望台に着いて写真撮影をしていざ滑ろうとしたら強風が吹き荒れ地吹雪再開。吹きっさらしの山頂では立っているのがやっと。バランスがとれず滑り出せない。
 風が弱まった瞬間に、雪庇を降りてスタート。ふかふかで気持ちいい。ダブルキャンバーでもターンができる。
 しかし、強風で顔が痛い。その後も牧草地を下る。顔は痛いが、滑りは快適。
 クルマに戻って帰り支度。いつしか雪が降り出し吹雪の碇高原を後に下山。
P1130684

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/17

若桜氷ノ山スキー場

 小千谷行きを断念したが、せっかくなので鳥取県の若桜氷ノ山スキー場へ。
 今日は、今シーズンの初日で、オープン記念イベント&リフト無料乗り放題。
 雪道、路面凍結でいつもより30分ほど余計にかかって、2時間45分かけてスキー場へ。餅まきなどのイベントには間に合わず。しかし、道中雪は少なく、標高780mのスキー場をのぞけば、丹後が一番雪が多いぞ。
 帰宅と同時に、丹後半島に大雪警報発令だ。
 それでも、日中はきれいに晴れて、ずっと氷ノ山山頂が見えていた。午後から荒れる予報だっただけに、うれしい誤算。
 また、顔なじみのメンバーにもたくさん会えて満足。これでテレマークターンがもっと上達していれば言うことないんだけど。P1130634
P1130641

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小千谷行き断念

 大雪で心が折れた。
 本来雪は大好きなのだが、週末にこの冬一番の寒波がやってくるという予報。片道600kmを断念。近い内野訪問を約束し、キャンセルの電話を入れた。
 実際、大雪警報の発令(丹後半島)に、相次ぐ列車の運休(「きたぐに」など)のニュースもあり、妥当な判断ということにしておこう。
 写真は、私の心と共に、雪の重みで折れた庭木。
 P1130607

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/12/14

大雪、待ってました!

 今週頭からの寒波は、なかなか正統派ストロングスタイルだった。庭もクルマも埋もれてしまいそうなモノトーン。でも、ほんの二週間ちょっと前は、まだ色鮮やかな紅葉だったのに。ほら、隣の家の柿の木はこんな状態。
 この時期にこんなに積もるなんて、20年ぶりくらい。中学時代以来か。
P1130553
P1130563
CIMG0001

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/12/11

初冬の風景

 ずっと西高東低の冬型気圧配置が続いている。8日(木)~9日(金)あたりは、やや寒気も弱く時雨の合間に晴れ間もあった。
 そして土日はずっと冷たい雨。週明けには雪がくる模様。今度は先週よりもっと降ってね。P1130513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/05

早い積雪

 3週間くらい前までは、記録的に暖かい秋といわれていたはずなのに、なんともう雪。
 この時期、うっすらと白くなることはあっても、こんなに本格的に降るのは記憶にない。
 つい一週間前までは赤い葉をつけていた庭のモミジもこの通り。
P1130504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/02

祝!再開、小千谷で再会

 うれしい知らせが届きましした。
 昨年10月23日の新潟県中越地震以来営業を休止していた「小千谷ふるさとユースホステル」が、今月中に再会することが決定したそうです。
 詳しいことは、そのうち公式サイトに発表されると思います。
     http://www5d.biglobe.ne.jp/~OJIYA-YH/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BeforeAfter

05rakuyo
 我が家の庭のモミジです。28日夜から29日にかけての風雨で、一気に落葉。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »