« 落葉の大江山 | トップページ | 山城の万灯呂山と大正池 »

2005/11/23

'04年暖秋に早い冠雪は超大型台風の置土産!?

 2つ前の発言の通り、今年以上に暖かかった去年の秋に平年より早く大山が冠雪したことに引っかかった。逆算すれば、10月下旬に冠雪しているのだ。ニュースを見落としたのは、台風23号や新潟中越地震の大きな報道に隠れてしまったのだろう。
 と思いながら、
「気象人」の気象ダイアリー
http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary/200410/index.php3
「気象庁」の日々の天気図
http://www.data.kishou.go.jp/yohou/kaisetu/hibiten/index.html
 を見てみたら…。
 10月27日、一時的だが冬型となっている。等圧線の混み具合も、まるで真冬の天気図のような西高東低だ。この日、北日本各地で早い初雪を記録。大山もこの寒波で冠雪したようだ。
 台風が去った後、風が北寄りに変わり日本海側がぐずつくことがよくある。超大型台風が北東に抜け、オホーツク海にに大きな低圧帯を形成。そこに近づく低気圧は1000hPa位までに猛発達。さらに台風24号も加わり、大陸から高気圧が張り出して、西高東低。
 北近畿を中心に各地に大被害をもたらした大型台風だが、こんな影響まで与えていたとは驚きだ。
 ちなみに、27日は、中越地震の土砂崩れに埋もれたクルマから2歳の男の子が救出された日。そりゃ冠雪のニュースなんか吹っ飛ぶね。

|

« 落葉の大江山 | トップページ | 山城の万灯呂山と大正池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: '04年暖秋に早い冠雪は超大型台風の置土産!?:

« 落葉の大江山 | トップページ | 山城の万灯呂山と大正池 »