« 凄い雪だ! | トップページ | 誰もいないスキー場を歩く »

2005/01/02

Happy New おじろ

毎年恒例のニューおじろ。今日は快晴。
今年もよろしゅう。p505is0009896257.jpg
(以下、後日加筆)
 12年前から続いている正月の日帰りスキ-ツアー。雪が少ないのは毎年のこ
と。今年も何とか年末ぎりぎりの降雪で、正月はベストコンディション。
 ターゲットは今年も、ニューおじろスキー場。これで11回目だ。
**********************************************************************
【スキー場】ニューおじろスキー場 兵庫県美方町
【リ フ ト】ゲレンデリフト4本;登行ゴンドラ1本
【 料 金 】リフト午後券3600円(ゴンドラ往復券込み);駐車料金無料
【 日 程 】2005年1月2日 日帰り
【 天 候 】快晴(^O^)
【 積 雪 】まずまず
【 雪 質 】良好
【混雑状況】リフト待ち3~0分。駐車場も食堂も、常に空席あり。
【アプローチ】ところどころ雪あり
**********************************************************************
 11:00野田川町役場出発。京都と兵庫の境の岩屋峠は雪道。10月の台風23号のダメージによる片側通行箇所で、動けなくなったクルマがいる。ノーマルタ
イヤだと、どこかで動けなくなるし、下手をすれば事故だ。
 大晦日の雪は、平野部では消えかけているが、神鍋高原ではまたも雪道。
 神鍋高原の各スキー場も営業開始がお正月に何とか間に合った。蘇武トンネルを抜けて、美方町のニューおじろスキー場の駐車場には13時。支度をして、登行ゴンドラリフトへ。
 ゲレンデは積もりたての真っ白な雪が青空に映えて輝いている。鉢伏山のハチ北高原スキー場や氷ノ山、但馬中央山脈の三川山、蘇武岳、妙見山の展望が素晴らしい。
 この日は、ゲレンデ用のアルペンスキーとテレマークもどきのクロカンスキーを持ってきたのだが、下部ゲレンデは踏みつけられて堅く締まった雪面にクロカンのエッジは歯が立たず、上部ゲレンデは斜面が急すぎてだめ。結局1本で懲り、ずっとアルペンで滑る。丈夫無圧雪の急斜面は、雪が軽くて快適。
 結局、ゲレンデリフト11本滑って帰る。
 帰りは、雪道と混雑が予想される神鍋高原をさけ、香住へ北上し海岸線を通る。
 京都府に入ってから、たて続けに2カ所も雪道のスリップ事故現場を通る。気をつけなければ。

|

« 凄い雪だ! | トップページ | 誰もいないスキー場を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Happy New おじろ:

« 凄い雪だ! | トップページ | 誰もいないスキー場を歩く »