« 京都盆地南部晩秋自転車周遊 | トップページ | 快晴の依遅ヶ尾山 »

2004/11/21

浦西の丹後半島縦貫林道

041121tj.jpg
 小学館の「日本 国語大事典」には、ウラニシは「浦西」と書き「秋、冬の北西の風」「驟雨(シュウウ=にわか雨)」さらに「秋しぐれ:方言」となっている。北陸から山陰にかけて広く使われる方言とのことだが、元は風を指す言葉、それが晩秋から初冬の日本海側の特有の天候を言い表すようになったらしい。丹後では、雨が降ったり止んだりの不安定な模様のこと、と思っている人もいる。
 さて、その浦西模様の晩秋の日曜日、丹後半島の平均標高600mの稜線をアップダウン。吐く息は白く、時雨は一時あられとなった。今年の紅葉はいまいちだね。 
 写真は、舟屋の伊根湾を見下ろして。
    *        *        *
【期 日】2004年11月21日
【行 程】[  ]はGPSレシーバーからの標高データ
 京都府宮津市世屋高原家族旅行村[539]15:27 -
 16:33京丹後市弥栄町森林公園スイス村スキー場[664] - 17:23世屋高原
【車 種】MTB(TREKTREK6500)スリックタイヤのオンロード仕様
【メンバー】はいかい(単独)
【距 離】20.8km
【速 度】平均:12.7km/h
【タ イ ム】1時間56分(実走時間:1時間37分)
【地 図】国土地理院5万分の1「日置」「丹後平」
【天 候】浦西(;_;)

|

« 京都盆地南部晩秋自転車周遊 | トップページ | 快晴の依遅ヶ尾山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦西の丹後半島縦貫林道:

« 京都盆地南部晩秋自転車周遊 | トップページ | 快晴の依遅ヶ尾山 »